九九夜話

日々のこと。

日々のこと。|九九夜話
着物スタイリスト秋月洋子の活動記録。オリジナルデザインによる帯留ブランド『九九』‐銀細工職人、山口緩奈さんとのコラボレーション‐の紹介と販売。季節に合わせたスタイリングや趣味の書(古代文字:龜甲会)の話もたまに。
<< 新型、発売! | main | 古代文字を楽しむ-龜甲會 小作品展- @ 大崎ウェストギャラリー >>
『れん』の小物@こまものや七緒
JUGEMテーマ:ファッション
JUGEMテーマ:アート・デザイン




京都のメーカーさんとのコラボレートブランド『れん』の商品も
『こまものや七緒』にて取り扱っていただいております。


こちらは、若手の職人さんと一緒に作っているブランド。
国産の素材を使って、質の良いものが、できるだけ
手頃な価格でお手元に届くように商品づくりをしています。







◎波型かんざし
 http://www.s-direct.co.jp/shop/f/dsg-164714
 


      ジュエリー、アクセサリーを手掛ける三宮久美子さんに
   作っていただいている天然石と銀の簪。

    ひとつひとつ手作業で曲げる波型は、繊細で手になじみ
   髪を縫うように挿すので、抜けて落ちることもありません。
   どちら側から見てもアクセントになり、鏡台の上に、ただ置いていても
   絵になる・・・実用と美を兼ね備えた簪を作っていただきました。

   
    三宮さんのブログ≫≫≫http://ameblo.jp/faberu/





◎木彫かんざし
http://www.s-direct.co.jp/shop/f/dsg-164717


   ざっくりした紬や軽やかな木綿。そんな装いにさらりと挿せる簪が
   欲しいと思って、木彫作家の竹内孝勝さんに作っていただきました。

   素材は柘植。丁寧に磨かれ、素朴で、さりげない味わいがあります。

   使うほどに、手や髪の油分でより艶と深みが増していきます。
   そんな変化も楽しみのひとつ。





◎モレッティ―ガラスの帯留
http://www.s-direct.co.jp/shop/f/dsg-164615


  鮮やかな色を、純度の高い氷で閉じ込めたような
  一見恵さんの作るガラスの帯留。
 
  ガラスなのに、とろりとしたジェルみたいな柔らかさを感じるのは
  お人柄を反映しているのかも?

  指先で、無意識に触れていたくなるような氷のカケラを
  夏の装いに、ぜひ。 



| スタイリング | 23:23 | - | -