九九夜話

日々のこと。

日々のこと。|九九夜話
着物スタイリスト秋月洋子の活動記録。オリジナルデザインによる帯留ブランド『九九』‐銀細工職人、山口緩奈さんとのコラボレーション‐の紹介と販売。季節に合わせたスタイリングや趣味の書(古代文字:龜甲会)の話もたまに。
<< もうすぐ節分 | main | ちょっとだけ >>
幽かに、春の気配
JUGEMテーマ:日記・一般


立春の今日、カメラ好きの父から春便りが届いた。





今にも咲きこぼれそうな梅の蕾。




ふと、与謝野晶子の歌を思い出す。

 梅の花氷の屑のここちすれ 何故となく濡れて光れば/梅花集


そして、大好きだった祖父 群青の句もまた脳裏に浮かんできた。

 雪しづく一雫にも日は宿る/雪卍







このところの寒気で、梅も開花が遅れているようだ。
寒さが厳しいほどに、春の訪れの喜びも大きいもの。



          …とは、言うものの。

          北の地のことを思えば、せめて今年くらいは
          少しでも過ごしやすい穏やかな冬であって欲しかった。。。

          上手くいかないものですね。



早く、本当の春が来ますように。






| 続・歳時記 | 22:53 | - | -