九九夜話

日々のこと。

日々のこと。|九九夜話
着物スタイリスト秋月洋子の活動記録。オリジナルデザインによる帯留ブランド『九九』‐銀細工職人、山口緩奈さんとのコラボレーション‐の紹介と販売。季節に合わせたスタイリングや趣味の書(古代文字:龜甲会)の話もたまに。
<< 『ゼクシィ アネーロ』 No.12 2010 | main | 『MAQUIA』5月号 >>
『あ・うん』

JUGEMテーマ:映画


1989年 降旗康男監督/向田邦子原作




たおやか、という言葉そのもののような、富司純子さん演じるたみの着物姿は
とりあえず、それだけでも観る価値アリ(もちろん、内容も十分面白いけれど)。


ほっそりとした身体をそぉっとくるみこむような、その着こなしは
着付けという言い方が、少々堅苦しく思えてしまうほど。
布と布の間、布と肌との間に柔らかな空気の層があり、その内側で
ふわりと身体がたゆたっている、そんな印象だ。

ゆったりと緩やかで、でも決して“崩れ”はしない。
あくまでも上品で、瑞々しく清潔な色気を漂わせながら
どこか初々しさも残しつつ…なんとも魅力的な大人の女性。
(たみのチャーミングな仕草に、そうそう、そこ、かゆいときあるよね、と
 思わず頷いてしまったり。笑)





     女の和服は鯱鉾張りさえしなければそれでいい。雪だと思って着ればいい。
     講釈も文句もなんにもいらない、ふわりと着ればいい

     和服をきるのには、上前下前をかき合わせて着ます。
     あれは自分を大事にしていとおしむ形だと思います。

                        −「幸田文 きもの帖」(平凡社)


     ………まさに。





庭先で伸子張りをする、姉さん被りのたみ。
後ろ姿の、背中(お太鼓の上)のわずかな皺。
袂にこぼれる、ひとすじの紅。


舞台は昭和12年。
着物が日常着だった頃の、澄ましかえっていない自然な着物姿が息づいていました。





             ちなみに、私のイチ押しは。

             最後の方にちょこっと登場する、故三木のり平さん。
             さすが!  いい味出してます(笑)。




    






| 本棚 | 01:53 | - | -