九九夜話

日々のこと。

日々のこと。|九九夜話
着物スタイリスト秋月洋子の活動記録。オリジナルデザインによる帯留ブランド『九九』‐銀細工職人、山口緩奈さんとのコラボレーション‐の紹介と販売。季節に合わせたスタイリングや趣味の書(古代文字:龜甲会)の話もたまに。
<< 『七緒』 vol.19 | main | 『加藤光峰 今月の一語』 >>
重陽の節句
9月9日、最大の「陽」数(=奇数)である“九”が「重」なる日。



もともとは、古代中国において、陰陽思想に基づき
強すぎる陽の気がもたらす災厄を祓うための
行事が執り行われたことに由来します。


それが日本に伝わり、宮中行事となったのは平安時代。


時代を経るにつれ、長寿を願い、一族の繁栄を祈る武家の行事となって
江戸時代には庶民の間にも広まったと言われます。





またの名を『菊の節句』とも。



薬効があるとされる、菊の花弁を浮かべた「菊酒」を
酌み交わして長寿を願い、前夜から菊の花に被せておき
その露を含んだ被綿(きせわた)で身を清め、息災を祈る。
   


     この被綿で肌をぬぐうと、若返るとされ
     贈り物にされることもあったとか。
     今で言う、アンチエイジングといったところでしょうか。

     女性の望みは昔も今も変わらないようで。。。




菊の帯留

↑「菊花の宴」をイメージして……
 絽縮緬に鼓の胴が刺繍された帯に、蒔絵の菊の帯留を。





五節句のうち、現代においては
いま一つ存在感の薄い『重陽の節句』。

お酒も絡んで、唯一の“大人”の節句なのに……
なんだか寂しいですね。



旧暦ならば、菊も見頃でしょうに。。。





| 続・歳時記 | 23:45 | - | -