九九夜話

日々のこと。

日々のこと。|九九夜話
着物スタイリスト秋月洋子の活動記録。オリジナルデザインによる帯留ブランド『九九』‐銀細工職人、山口緩奈さんとのコラボレーション‐の紹介と販売。季節に合わせたスタイリングや趣味の書(古代文字:龜甲会)の話もたまに。
<< 『Myojo』8月号 | main | 堪能 >>
八朔
八月朔日(ついたち)→「八朔」



徳川家康が初めて江戸に入った記念日として
毎年、すべての大名が江戸城に登城するならわしで
その際には大名も大奥の女性も、白の帷子を着用するのが
決まりだったそう。

吉原では、その風習を取り入れ、この日には
遊女たちが真っ白な装いで客を迎えたといいます。





ちょうど早稲が実る時期に当たる、旧暦の八月朔日。


古くから行われていた、その年初の収穫を祝い
その実りを贈り合う「田の実」の節句。
その「田の実」が「頼み」となり
日頃お世話になっている、また、頼みに思っている人に
贈り物をする習慣ができたと言われます。


現代でも、京都の祇園では、芸妓さんや舞妓さんたちが
芸事のお師匠さんやお茶屋さんに、黒紋付き姿で
挨拶回りをする風習がありますね。

暑い中、正装姿での挨拶回りは大変だろうなぁ……と
ニュースを見るたび感心してしまいます。
(もちろん、そこを、汗ひとつかかず涼やかな顔で
 こなしてこそプロというものでしょうけれど)



ちなみに、果物の「はっさく」も
名前の由来はこの「八朔」だそう。
この時期に美味しく食べられるから、と
命名されたそうですが、やっぱり
新暦では少々早過ぎるようで。。。











| 続・歳時記 | 23:37 | - | -